子供が不登校になるには理由がある!サインを見逃さないことが大事

多くの原因がある不登校問題を解消するために

子供が不登校になるには理由がある!サインを見逃さないことが大事

悩み

原因は様々

不登校になる原因は様々です。対人関係に悩んでおり学校など集団生活が苦手で行きにくい、学校へ通っても自分の居場所がなかったり受験でのストレスなど様々です。不登校が目立つ大阪の中学校や高校での原因はいじめです。友人と上手く関係を築けない、友人から嫌がらせをされるなど、こういった些細な事の積み重ねが原因で学校へ行きたくても行けない子は年々増え続けています。

些細な変化も見逃さない

不登校になってしまう子供は、気づきにくいのですが何らかのSOSを出していることもあります。人と話をしても目を合わせなくなった、挙動不審で落ち着きがないなど一見すると見逃しがちですが、小さなSOSを出していることが多いのです。周りの大人がそれをキャッチし、子供に寄り添ってあげることで精神的に安定し、今よりも不登校になる子供の人数を減らすことが可能です。

周囲の気遣い

不登校になる子供の心はデリケートです。言葉1つで崩れてしまったり立ち直ることも出来ます。1人で馴染めず悩んでいる子がいたらその子の気持ちに寄り添い、話を聞くだけでもストレスを緩和する事は可能です。一緒に問題に取り組み、解決することで将来自立した大人になる事ができ、集団生活の中でも生活できるようになります。決して考え方を押し付けたり強要しないことがポイントになります。

精神科と心療内科の違い

精神疾患を扱うのが精神科

精神科とは主に精神疾患を扱っており、うつ病や不安障害などのこころの病気で悩んでいる人が治療にくる場所になっています。

心に原因があるとされている体の病気を扱うのが心療内科

心療内科とは心に原因があるとされている体の病気のことを言い、ストレスで生じた胃潰瘍や高血圧にぜんそく等が当てはまります。