小中学生に多い不登校やキラーストレスを防ぐ方法

不登校の原因

不登校の原因として考えられるのは、学校生活によるトラブルです。その中身は友人によるいじめ・集団生活が苦手で学校そのものが居心地が悪い・教師と合わないなどが原因と言われています。しかし、友人とのトラブルのほうが、不登校の原因になりやすいと言われているのです。

深刻な不登校問題!キラーストレスに発展させずにストレス解消

頭を抱える人

不登校に悩む生徒の数

不登校に悩む生徒の数は年々増加しています。その数は小学校中学校を合わせますと全国でおよそ12万万人に上ります。中学生になれば1クラスに付き1人は不登校の生徒がいることになります。大阪でも不登校の生徒数が多い傾向にあります。

心に潜む闇を調べる方法

不登校になっている生徒の心を知るには、心理カウンセラーによるカウンセリングも1つの手段です。面談を行い、アンケート調査によってその子が抱えている心の問題を調べることができます。また、そういった子を観察しますと、不審な行動や言動を起こしている場合がある為、何か抱えていないか見極めるためにもそれらの行動もチェックしましょう。

命に関わるキラーストレス

突然死の原因になると言われているキラーストレス。キラーストレスとは、自律神経が心臓周辺の筋肉の血管を収縮させ、ストレスによって分泌されるホルモンが心拍数を増やして、心臓に大きな負担をかけてしまう事です。不登校になっている子も、ストレスをかなり感じているため、気を付けておきましょう。

ストレスの感じ方

ストレスの感じ方には個人差があります。しかし、元々ストレスを感じやすくため込みやすい体質の人もおり、このようなタイプの人がキラーストレスに陥ってしまい、命の危険に晒されてしまう結果になると言われています。そのため、自分はストレスを感じやすいと自覚している場合は、なおさらストレスを溜めないよう発散していきましょう。運動をしたり、おしゃべりしたり、趣味に没頭するのもいいですよ。

ストレスの原因ランキング

no.1

友人や先輩などの対人関係

中学や高校になれば部活で様々な人と関わります。学校や部活で仲間や先輩と上手くいっていない、いじめを受けている事が大きなストレスの原因になります。中学生や高校生になるとホルモンバランスも崩れる為、精神的に不安定な時期にあたります。

no.2

受験勉強でのストレスが原因

中学や高校になれば、高校受験や大学受験など受験シーズンにぶつかります。一生懸命勉強をしているのにも関わらず学校の成績が思わしくない、親と進路についての対立となると、強いストレスを感じやすくなってしまいます。

no.3

親とのかかわり方に関してのトラブル

友達とのかかわり方や勉強の仕方、門限などわが子のいろいろな事に対して関わりたくなるのが親ですが、大人のなろうというこの時期に干渉されることに嫌気がさし、親子間でのトラブルに悩んでしまうお子様も多いです。

no.4

誰にでも訪れる反抗期でのトラブル

誰にでも経験したことがある反抗期。中学生や高校生は自己形成期に当たる為、体内のホルモンバランスが崩れます。そんな時期に親や友人のトラブルで悩みを抱える人は決して珍しくありません。自己嫌悪や対人不安に陥る人も居ます。

no.5

厳しすぎるクラブ活動

中学高校に進学すればクラブ活動へ参加するでしょう。そのクラブ活動が自分には合わず、あまりにも厳しすぎる内容に、必要以上のプレッシャーを感じてしまい、現実逃避をしてしまったり不登校になってしまうケースも多いです。

[PR]ストレスとキラーストレスの違いを徹底比較☆
心の健康を守ろう

[PR]東京の心療内科へ行こう
心の病をすぐに解決!

[PR]大阪で不登校を解消
支援相談を気軽に行なう

[PR]横浜で評判の高い心療内科!
心や身体の不調で悩みを改善しよう♪